夫婦海外旅行の旅支度

2018.7.28更新


海外の治療費は高い、旅行保険(治療費補償)は必須
パスポート、クレジットカード、保険の3つあれば、他は忘れても大丈夫?

旅行保険など事前にしておくこと

旅行保険…一番利用可能性の高い「傷害・疾病治療費用」補償は400万円以上必要。
欧州の治療費は高い、救急車で運ばれるだけで35万円も掛かる
万一、ベッドで日本へ緊急搬送だと1千万円もの例があるとのこと。
クレジットカードの保険では不足、追加で治療費補償を付けること
お勧めは損害保険ジャパン「新海外旅行保険off」で治療費用補償1千万円
航空機遅延時補償もつけて10日間で保険料約6000円但しネット申し込み,ネット利用できない方は東京海上日動の「タイプK7」治療費用補償は500万円
高齢の親をお持ちの方、いざ帰国のために「緊急一時帰国費用」特約もつけること
会話の勉強…次の6つだけでパック旅行は大丈夫 ()内は仏語
(1)こんにちは…ハロー(ボンジュール)(2)ありがとう…サンキュー(メルシ)
(3)△△を欲しい(お願い)……△△ プリーズ(シルブプレ)  
(4)値段は)いくら…… ハウマッチ(コンビャン)
(5)遠慮します(要らない)……ノーサンキュウ(ノン・メルシ)
(6)すみません(どいて)……Excuse me(パルドン)

旅行前に靴と足・脚チェック‥‥靴の大事さを知ったので、この項目独立させた

間違った靴を履いてませんか‥‥私も間違っていた、コリゴリした、
靴の買い方‥‥足長、足幅を気の利いた靴屋で計ってもらう
 足長、足幅(足囲ではない)も計らないで販売する店で購入するな   
 足幅は、親指の付け根から、小指の付け根までの直線距離?
 統計、日本人の足幅40歳未満平均はE、50歳以上平均は2Eです。
 3E、4Eばかり販売している店のなんと多いことか
有名店でも、足幅計らず、3E、4Eを販売する店が多い
 購入すべき靴長さは、足長+1〜2センチ(これを捨て寸と呼ぶ)
 特に尖った靴の場合は最低限+1.5センチ 
 足囲も大事です。特にヒモのない靴の場合。
ビフォアー‥‥足長26センチで靴長26.5センチ、靴幅は4Eでした。
 その結果、2回も海外旅行で足を痛めました。 
アフター ‥‥靴長27.5センチ、靴幅2E  快適です
購入する場合‥‥足長+1.5センチの靴を履いて、
 つま先が、靴に当たるようなら、その靴は貴方の足幅より広すぎる。 
靴は2足‥‥どちらかは紐付きのウォーキングシューズ
但し、販売されているウォーキングシューズは幅広が多い。
脚を鍛えておくこと…旅行は1日に約1万歩く、1か月前から旅行へ履いていく靴で歩け(健康にも毎日8000歩)
坂を登る名所は多い‥ノイシュヴァンシュタイン城、モンサンミッシェルなど
‥一人だけ、下で待っているのはつまらない。
海外靴寸法‥‥日本の足長・足幅と表示が異なる。寸法にこだわらず
海外購入‥‥上記注意事項を頭にいれて、何回でも試し履きすること

中高年の必需品

セーター…飛行機は気圧が低く、寒い。またヨーロッパの日陰は寒い
サングラス… ヨーロッパは日本より紫外線が強い。
サングラス‥‥色の薄い偏光レンズのほうが眼によい。暗いとこでも見える。 
帽子…簡単な雨よけ。女性は日傘、日焼け止め薬も
水‥‥ヨーロッパは乾燥しています、水分不足で体調を崩します
ペットボトル‥‥往きのスーツケースはガラ空きです、その空間に
ペットボトル‥‥500ccボトルを6本いれて往きます。
薬品類…海外旅行するからと医者に事前に頼んで購入するのが一番
ボイスレコーダー…ガイドの説明を聞き忘れると大変です。音楽も聴けます
お勧めは、オリンパスのボイストレック、イヤホンは別途購入のこと

スマホを持参が便利

使い方‥‥家族への連絡、昔は電話、今はメールまたはLineで。
使い方‥‥Wifiだけ使用することにしたら、別途契約は不要
使い方‥‥ホテル到着したらWifiのIDとPWを必ず聞くこと。
使い方‥‥国内で、Wifiの使い方を覚えておくこと。
バッテリー注意‥‥スマホは電気喰い、充電器、充電池わすれずに
バッテリー注意‥‥大きな充電池はスーツケースに入れるのは禁止、
バッテリー注意‥‥大きな充電池は時々爆発しているから

機内持ち込み手荷物

必 需 品…パスポート、クレジットカード、旅行保険証、現金5万円、旅行日程表
下着1組セータ…乗換便等でトランクが届かない時に備える、寒がりはセータも
カメラ・電池 …電池・メモリの予備を必ず。充電器も忘れずに
安眠用具…アイマスク、空気マクラ、スリッパ(エコノミーは持参のこと)
書籍、音楽  …飛行時間は長い。旅行用英会話本、文庫本
イヤホン‥機内付属は音質が最悪。コスト削減で言わないと出てこない?
イヤホン‥電気屋で最低限5千円以上のものを購入、大違い
持ち込み禁止 …100ml以上の液体、スプレー缶、長い刃物、爪切りも

持っていく薬品類

胃腸薬   … SM散(健胃剤)、セレキノン(動かなくなった胃腸を動かす)
便秘薬   … 旅行すると4日間便秘です。事前に効果をチェック
風邪薬   … 医者に頼んでPLを購入する 3日分
下痢止め  … 西欧では殆ど不要。でも念のため
抗生物質  … 下痢、風邪がひどい時のために、事前に医師から貰う
ビタミン類 … ツアーは疲れます。ビタミンB,C
非常用 1 … ホカロン等使い捨てカイロ(春・秋でも場所により寒い)
非常用 2 … レトルトのお粥(食べ過ぎて、下痢した時のため)

海外旅行お薦めカメラ 

◎海外旅行カメラの条件
  二度と同じ場面を見ることが出来ないかも知れない。新品カメラは国内で
 1週間以上あちこち写して、使い方を充分覚えて旅行に行くこと。追加購入するものは
 @予備の電池(海外では1日の途中で電池なくなる)
 AメモリSDHCカードは安物はダメ、お勧めブランドはSANDISKか.Transcendの
 Class10(これが4とか6はダメ)で、容量は8GBか16GBで充分 
参考。安物お使いの方で、撮った映像がメチャクチャになった人がいた。
 
1.カメラ購入ポイント
@電源入れてシャッターボタン押したらすぐ写ること
  カタログに記載するメーカーもあるが、大半は書いてない 
A教会内部等(ストロボ禁止)でもストロボ無しで撮れること。
  レンズのF値が小さいほど暗さに強い 
B撮像素子(フィルムの大きさに相当)が大きい程よい。
順に、fullsize,APS-C,1.5型、4/3型、1型,2/3型,1/1.7型までがよい。
  大半のコンデジの1/2.3型,1/2.5型は避けたほうがよい。
※画素数が多くても、素子が小さければ余り意味ない
 カメラは素子大きさとレンズの明るさ     、 
一番(ミラーレス一眼レフ)私も本格的一眼レフは重くなったので    
 4/3型のオリンパス、パナソニック(本格の約半分の重さ)
 私はオリンパスE-M5MarkU.交換レンズは12〜50mmと17oF1.7、
二番…高級コンデジ、素子大きさがAPS-C〜2/3型まで
 教会内部はフラッシュ禁止、でも写るのは明るいレンズ必要
 明るさf1.8.f2がお勧め、f3.5は暗い、
@ソニーRX100M3からRX100M5、f1.8〜2.8、24〜70o
AキヤノンG7XMarkU、 f1.8〜2.8、24〜100o  
 私はキヤノン、使い慣れたメーカーのほうが、操作ボタン等の変化少ない 

トランクのなかみ

01.パスポートのカラーコピー…万一の盗難・紛失時に、これがあれば発行が早いと聞く。40回越えたがまだその経験なし
02.下着・靴下… 3組(洗濯中、生乾き、予備)と言われるが、機内バッグの中とあわせ4組。
ユニクロのドライテックなどは早く乾くので便利。逆に古い下着を着て捨てる方法も
03.シャツ類… 私は長袖が殆ど。最低4つ。  パジャマ   
04.ズボン …  2本トランクへ、1本はスーツに合わせられるもの 
05.スーツ … ブレザー程度、ちゃんとしたレストランには必須。
06.靴、傘 …  スニーカーと革靴のどちらかをトランクへ    
07.電源変換プラグ… C型とB型、BF型など確認して持参。日本はA型
08.充電器(電圧240V使用できるもの)
 注意、ツェルマットで120V対応を使用してホテル全体を停電させた人がいた
09.洗濯用具…洗濯粉、ハリガネの衣紋掛け(ロープは持参したが使ったとはない)
10.化粧・洗面用品… 歯ブラシ、歯磨き、日焼け止め、サングラス、眼鏡の予備
11.あれば便利…目覚まし時計、ナイフ、旅行用湯沸かし器 
12.飲料…往きのトランクはガラガラ、ペットボトル500CCを6本入れる
ツアーによっては、毎日ミネラルウォーターが付くのものある。
 でも日本製のペットボトルお茶は美味しい

トレッキングで追加用意するもの

1.速乾性の下着類… 必需品です。汗がすぐ乾き、洗濯も早く乾きます
ポリエステル40%以上のもの、ユニクロのシルクドライ(1枚\990)でも十分
2.雨 具…必需品です。上下ともゴアテックスまたは相当品が一番。   
3.靴…防水のトレッキングシューズ。(足元水ぬれは悲惨です)
※スニーカーは小石道で滑る。安いGTホーキンスの\9,000でも防水    
4.ストック…スイス・初心者コースは殆ど下りです。ヒザを護るため。1名2本
5.手 袋   …素手は危険。防寒と、道途中の石・木を掴んだり
6.高山病対策 …貧血気味の人は、旅行医学会の医師からダイアモックスを処方してもらう
スイスのマッターホルンでも、必要な人はいました  
7.その他…LEDライト(万一のため)、チョコレート・飴、コンパスなど

スキー旅行で追加

65歳過ぎてから海外へスキーに何回か。荷物に工夫必要
1.スキー板、靴の運搬‥‥航空会社により、手荷物扱いの無料・有料が異なる
2.現地の移動‥‥バス、レンタカーなど、荷物は極力コンパクトにする
3.スキー場広い…ホテル等を出たら、1日戻ってこない。
 ゴーグル、手袋、ビスケットなど携帯食、電池を入れるバックパック
4.バックパック‥厚みあるとリフトから落ちやすい、チェストストラップ、 ウエストベルトがあり、ずれないもの。
5.スマホ用電池‥‥寒い、電池の減りが早い。
6.衣類等‥‥トレッキングと同じ、コインランドリーで洗濯しやすいもの
7.食事‥ 同一場所に最低4泊はする。毎日外食はつらい、高い。
 ホテル等で自炊、これも楽しい。スーパーで食材購入して料理 
8.持参すると便利‥ナイフ、コルク抜、ペーパー皿、お醤油等調味料の小瓶  
番外‥X-Large(60cm×51cm)ジップロック、ぬれた衣類等をいれる。

-BACK-

inserted by FC2 system