海 外 デ ー タ


アメリカの常識は世界の非常識。

地球温暖化で狂っている。暑い、寒い。思っていたより違う。

スペイン南端の緯度は「つくば市」と同じ。西欧はアルプス、ピレネー除くとほぼ平坦

言葉のおもしろさ

 海外旅行をすると、「民族・地域による物の見方の違い」がわかります。
  水、お冷や、熱湯、… 同じ「水」を表現する日本は、「水」が豊富なことを示す、
 英語では、四角い広場は「四角」、丸い広場は「輪」と呼びます
  例としてトラファルガースクゥエア 、ピカデリーサーカス

日本語でのちがい

公園… 公衆のために設けた庭園または遊園地
     法律上は国・自治体の営造物(都市公園)と
     風致景観を維持するための規制を加えた自然公園
庭園… 鑑賞逍遙などのため、樹木を植え築山・池などを設けた庭
庭 … 広い場所、物事をおこなう場所
広場… 街の中で集会、遊歩などができるように広くあけた場所

公園を英・仏・独・伊・西語でいえば

     英語、  仏語、   独語、     伊語、    スペイン語
公園=park ,parc ,park   ,parco,  parque
庭園=garden,jardin,garten,giardino,jardin
広場=square,place ,platz  ,piazza、  plaza
市場=market,marche,markt  ,mercato, mercado
   でも、日本語と同様に、英語なども、その区別は不明確です。
   なんで あっちが公園で、こっちが庭園なの、というのは沢山あります

各国の人口・地理

     
  1. 主要都市の北緯と日本からの距離  
  2. 各国の面積と人口  
  3. 高い山  
  4. 長い河

公園、庭園、広場

 地球温暖化で西暦2100年には気温が2℃上昇します
  都市部では、クーラーの使い過ぎでさらに暑い
  これを防ぐには、「緑の公園を増やすこと」欧州の庭園一覧

美術館、教会、大聖堂

ミュージアムとは「珍しいもの、美しいものを集めた館」で美術館・博物館といいます

美術館、博物館

美術館めぐりは良い趣味ですが、疲れます美術館一覧

大聖堂

  カトリック教会におけるカテドラルとは、司教が長を務める聖堂(教会堂)のことで、内陣中央に設けられる司教が座るための椅子すなわち司教座(ラテン語で cathedra)に由来している。ドイツ語でドム (Dom) あるいはミュンスター (munster) 、イタリア語ではカッテドラーレ (Cattedrale) あるいはドゥオーモ (Duomo) とも呼ばれる教会、大聖堂一覧

カリヨン(Carillon)(鐘楼)

 街に行き高い塔があると、できるだけ登る。塔の上から街を見下ろすのが一番景色がいい。それが「カリヨン」鐘楼であれば、その音と鐘の形も見所。複数の音階の違う鐘を鳴らすことによってメロディを奏でる機械仕掛けで自動演奏され、時報の役割を果たしている。カリヨンの語源はフランス語の「4分の1」で15分おきに鳴らすことを意味する。世界遺産に一括登録されている「ベルギーとフランスの鐘楼群 56カ所」が有名。ブルージュのカリヨンの録音CDは購入した。アントワープでも販売されているとのことカリヨン一覧

ユネスコ世界遺産

1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)により登録される。
最新2010.02で文化遺産689、自然遺産176、複合遺産25の計890カ所が141国・地域にあるユネスコの遺産リスト
日本14,イタリア44,スペイン41,中国38,ドイツ33,フランス33,英国28

常識と宗教

「世界に、常識は宗教の数だけある」というのが正しい
「英米の常識はキリスト教世界の常識」なのに、イスラム教、ヒンズー教、仏教、儒教など
人口で言えば一番多いのはイスラム教。どれ一つとして過半数を占めることはない     

宗教と民族、国家

キリスト教・ユダヤ教はヨーロッパ、 イスラム教は中近東諸国、ヒンズー教・仏教はアジア ただし、各宗教も時代と地域で分化して細分化さえしています。
 キリスト教はカソリックとプロテスタント、カソリックもローマ正教、ギリシャ正教、ロシア正教、セルビア正教、英国国教会などに分かれています。ご存じのように仏教も色々あります。
 そして、これらの分派同士で排斥行動、戦争までしています。
  ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は、一神教で、神は同じ、聖地も同じ。
「なのに」というよりだから互いに争っています。この中でイスラム教は、
一切の偶像を否定する、宗教上信者は平等で支配者的な宗教職がないなど理論的にはユダヤ教、キリスト教より優れた点が多い。
  民族とは、人種、言語、文化などの観点からみて一まとまりであるとされる人々。
人種は同じでも宗教が異なると異民族とされ、国家は宗教別になる傾向があります。
    

常識と宗教

  人々の生活習慣は宗教の影響を受けています。またその宗教も例えばキリスト教と言いながら、実際はキリスト教が布教される以前の土着宗教の時代の習慣だったりします。それら土着宗教は殆どがあらゆる生物に神が宿るとする多神教です、しかしキリスト教といえども布教時にそれまでの習慣を全て否定することはしなかったからでしょう。
  そもそも、キリスト教も偶像は禁止の筈なのに、マリア像、などのイコン(聖像)があります。それは道の角などに祀られていて、日本で言えばお地蔵さんの感覚です。第一、マリア様は人種からすれば、肌の色は茶褐色の筈なのに白いのが多い。チ因みにイコン(icon)の英語読みはアイコン…パソコン用語と同じ。
  

地形と習慣

  日本は欧州の大半の国に比較して、山が多く、川の流れが早い。可住地面積という言葉があります、総面積から山林、原野、湖沼を除いた面積です。日本は約35%ですが英国は約65%です。欧州はスイス、イタリア、フランス国境のアルプス山脈、フランス、スペイン国境のピレネー山脈など山は少なく、全体的に平らです。だから河はゆっくり流れています。
  日本ではちょっと前までは「飲み水は無料」というほど水は豊富でかつ新鮮でした。船が国際線の時代に、外国船は横浜港や神戸港で、積んできた水を捨て、日本の水を積んで行ったと言われています。だからお風呂でふんだんにお湯を使用できます。

-BACK-

inserted by FC2 system